2008年12月03日

福岡市で路面電車復活? 西鉄が検討開始へ

福岡市で路面電車復活? 西鉄が検討開始へ2008年11月11日asahi.com

西日本鉄道(福岡市)が福岡市の路面電車復活に向けた検討を始める。11日にまとめた今後10年の経営方針に、公共交通の利用を増やす手段として「LRT(新型路面電車)導入の検討」を盛り込んだ。
>>続きはこちら

↓↓
いずれにせよ、需要が見込めるか、交通渋滞をまねいて返って環境問題を引き起こさないかが問題でしょうね。住民ぐるみで車から路面電車へ、パークアンドライドなど進めていく必要もあると思います。

⇒インターネットで見る無料動画

⇒韓国ドラマ・海外ドラマ・国内ドラマの情報をほぼ毎日更新

⇒無料アニメ情報をほぼ毎日更新。ガンダムが熱い!?
ラベル:路面電車

2008年11月18日

0系新幹線バームクーヘン人気加速 博多駅などで販売

0系新幹線バームクーヘン人気加速 博多駅などで販売2008年11月12日asahi.com

11月末で引退する0系新幹線を模したバームクーヘンが人気を呼んでいる。長さ50センチ、直径3センチ。3両編成の初代0系車両の箱に収められ、価格は530円。
>>続きはこちら

↓↓
入れ物がなかなか…ちょっと微妙な感じも。だんごっ鼻ではないような気もしますが、話題性は十分ですね。今週末に九州に行くのですが、長崎での販売は無いでしょうね…。あったら即買いします。

⇒インターネットで見る無料動画

⇒韓国ドラマ・海外ドラマ・国内ドラマの情報をほぼ毎日更新

⇒無料アニメ情報をほぼ毎日更新。ガンダムが熱い!?
ラベル:0系新幹線

2008年07月23日

島鉄南線レール撤去開始 年内、踏切なども順次

島鉄南線レール撤去開始 年内、踏切なども順次2008年7月23日長崎新聞HP

島鉄南線レール撤去開始 年内、踏切なども順次
 島原鉄道(島原市)が今年三月末で廃止した南線(島原外港−加津佐間、三五・三キロ)のレールと枕木などを撤去する作業が二十二日、南島原市内で始まった。
 作業は同市布津町の布津駅など三カ所で実施。業者の作業員がレールをつなぐねじを外し、重機を使ってレールや枕木を取り外した。
>>続きはこちら

↓↓
年内にも作業は終了するとの事で、廃線跡の処理としてはスピードが速いですね。線路がなくなるのはさびいしい限りですが、遊歩道や自転車道などが整備されたりして廃線路跡を気軽に散策できるようになるといいですね。
ラベル:島原鉄道

2008年07月04日

島鉄南線廃止から3カ月 レールさび、雑草茂る

島鉄南線廃止から3カ月 レールさび、雑草茂る2008年7月1日長崎新聞HP
島鉄南線廃止から3カ月 レールさび、雑草茂る

 島原鉄道(本社島原市)の南線(島原外港−加津佐、三五・三キロ)が廃止されて、一日で丸三カ月。この間、列車の往来がなくなったレールはさび、軌道周辺は雑草が茂るなど、徐々に寂れ、荒れ始めた。同社は七月中にもレールの撤去などを始める方針で、南線廃止後の処理が間もなく本格化する。かつて島原半島の動脈の一翼を担った南線だが、その面影は次第に薄れている。(南島原支局・辻秀敏)
>>続きはこちら

↓↓
線路も使われなくなると急速に草木に埋もれていくんですね。もうすぐ撤去作業も始まるようですし、廃線路マニアの方は今のうちに見ておいたほうがいいかもです。
ラベル:島鉄南線廃止

“最安運賃”の長崎電気軌道、来年度以降値上げ方針

“最安運賃”の長崎電気軌道、来年度以降値上げ方針2008年7月4日長崎新聞HP

 長崎市で路面電車を運行する長崎電気軌道の松本容治社長は、全線均一運賃としては国内で最も安い百円(子ども五十円)について、来年度以降値上げする考えを、三日までの長崎新聞の取材に対し、明らかにした。
>>続きはこちら

↓↓
百円玉1枚で乗れる時代も終わりですか・・・。小銭を用意するのが面倒になりそうです。それでも安いんですがねぇ。値上げされていくらになるのかも気になるところです。
110円を強く希望!これでも10%の大幅値上げです!
ラベル:長崎電気軌道

2008年06月11日

【動画】路面電車の日でレトロな木造車運行

【動画】路面電車の日でレトロな木造車運行2008年6月11日長崎新聞HP

 「路面電車の日」の十日、長崎電気軌道は長崎市内で、明治四十四(一九一一)年製造の木造電車「168号」を記念運行した。
 168号は福岡の九州電気軌道(西日本鉄道の前身)で同年デビューし、福岡、北九州両市内などで活躍。五八年に長崎電気軌道が譲り受けた。
>>続きはこちら

↓↓
古い電車ですが大切に動態保存されているんですね。お客さんを乗せて走ることが出来るというのはすごいことだと思います。これからも大切にしていってもらいたいです。
ラベル:路面電車

2008年06月02日

川線100周年 記念列車走る

川線100周年 記念列車走る2008年6月1日asahi.com

 JR肥薩線の八代―人吉間(51.8キロ)が1日、開業100年を迎えた。記念列車が運行され、沿線は式典や行事でにぎわった。球磨川の清流と緑の木々をぬうように走り、「川線」の愛称で親しまれる。来年11月の全線開通100年の節目へ向け、来夏に熊本―人吉間に蒸気機関車が登場。明治末期生まれの鉄路を観光に生かす動きが活発になってきた。
>>続きはこちら

↓↓
開通100周年おめでとうございます。これからも次の100年を目指して走りつづけてもらいたいですね。

2008年05月30日

エコ市電、芝生の上をGO 鹿児島市

エコ市電、芝生の上をGO 鹿児島市2008年5月28日asahi.com

 ヒートアイランド対策と魅力的な都市景観づくりを目的に、鹿児島市が市電鹿児島中央駅前から鹿児島駅前までの軌道敷に芝生を植えた。約2.8キロで、約1万平方メートル。総工費約4億5900万円。
>>続きはこちら

↓↓
軌道内に芝生を植えて街の景観もよさそうですね。ヒートアイランド対策にも一躍かっているようですし、いいですね。残る部分も緑化されるとの事ですのでたのしみです。でも日没以降から芝生を照らす照明があるようですが、環境問題を考えると不要なのではないでしょうか。
ラベル:路面電車

2008年04月25日

「島鉄応援歌」CD発売へ 来月100周年で島原の会社会長ら

「島鉄応援歌」CD発売へ 来月100周年で島原の会社会長ら2008年4月24日長崎新聞HP

 五月に創立百周年を迎える島原鉄道(本社島原市)を応援しようと、同市大手原町の会社会長、本多邦年さん(53)ら二人が島鉄をテーマにした歌を作り、CD化された。「幸福の黄色い列車」と「さよなら島鉄南線」の二曲を収録。同社が五月十一日、「はばたけ島原鉄道」のタイトルで発売する。
>>続きはこちら

↓↓
球団など何ももっていない島鉄ですが、応援歌ができたようです。廃止となった南線の駅も全て網羅されているようですね。興味のある方いらっしゃいますか?
いまではどうか判りませんが、JR九州の特急の車内でJR九州の社歌が流れていたのを思い出しました。「夢の列車が〜♪・・・・・・・・ロマン鉄道〜♪」やっぱり九州は面白いです。
ラベル:島原鉄道

2008年04月24日

運転技術磨け JR九州の新幹線シミュレーター完成

運転技術磨け JR九州の新幹線シミュレーター完成2008年4月23日asahi.com

 JR九州の新幹線運転シミュレーターが完成し、北九州市門司区の社員研修センターで23日報道陣に公開された。新幹線運転士の養成には欠かせないが、これまでは大阪府吹田市にあるJR西日本の施設で訓練していた。
>>続きはこちら

↓↓
運転シミュレーターって、鉄道博物館にあるものと、ほんもののシミュレーターとはどの位違うものなんでしょうかね。電車でGOも上手く運転できない私ではいずれにしても難しいんでしょうね。
ラベル:新幹線

2008年04月14日

福岡市の地下鉄は「はやかけん」

福岡市の地下鉄は「はやかけん」2008年4月12日asahi.com

 福岡市が地下鉄に来春導入するICカード乗車券の名称「はやかけん」を11日発表した。「速く」「(環境に)優しく」「快適」の頭文字を博多弁で表す。
>>続きはこちら

↓↓
ご当地カード色が強いネーミングが面白いですね。全国のICカード乗車券マニアにとっては収集価値が高い一枚でしょう!?

2008年04月01日

【動画】島鉄南線、最後の汽笛 80年の歴史に終止符

【動画】島鉄南線、最後の汽笛 80年の歴史に終止符2008年4月1日長崎新聞HP

 島原鉄道(本社島原市)の南線(島原外港−加津佐間、三五・三キロ)が三十一日、最後の運行を終えた。一九二八年に島原湊(現南島原)−加津佐間で全線開通した前身の口之津鉄道以来、八十年の歴史に幕を下ろした。
>>続きはこちら

↓↓
最終列車の島原駅発車シーンと加津佐駅到着シーンが見られます。
ここ最近でこんなに人出があった島原鉄道はなかったのではないでしょうか。『あかつき』の廃止に続き島原鉄道南線の廃止と寂しいニュースばかりが続きますが、地方路線これからも頑張って欲しいですね。
ラベル:島原鉄道

線路沿いに黄色いじゅうたん JR高田駅一帯、菜の花見ごろ

線路沿いに黄色いじゅうたん JR高田駅一帯、菜の花見ごろ2008年4月1日長崎新聞HP

線路沿いに黄色いじゅうたん JR高田駅一帯、菜の花見ごろ
 西彼長与町高田郷のJR高田駅一帯の線路沿いで菜の花が見ごろを迎え、住民の目を楽しませている。
 美しい景観を守り育てようと住民有志が十年以上前から高田駅を中心に道ノ尾駅から本川内駅にかけての鉄道沿線約六キロに植栽。ぽかぽか陽気の下、黄色いじゅうたんを敷き詰めたように美しく咲き、散歩に訪れた住民やドライバーの心を和ませている。
>>続きはこちら

↓↓
かつての長崎本線から長与線といわれるようになったこの路線ですが、大村湾沿いを走ったり、長崎へ向けての山越えなど、本当にいい景色が続く路線です。昔風のトンネルも多数。山肌に広がる濃い緑のみかん畑が秋になると黄色いみかんをたくさんつけてこれまた本当にきれいです。春は菜の花ですか、いいですね。
諫早から長崎まで時間はかなり多めにかかりますが、お時間のある方はぜひ乗ってみてください。ディーゼルの力強くて心地よい響きも魅力ですよ!
ラベル:長崎本線

地球47周分走った路面電車、お疲れさま

地球47周分走った路面電車、お疲れさま2008年3月30日asahi.com

地球47周分走った路面電車、お疲れさま
 半世紀で地球47周分を走った鹿児島市交通局で現役最古参の路面電車2両が25日、鹿児島県指宿市の動植物公園「長崎鼻パーキングガーデン」に向けて搬出された。園は電車や市電、特産品を紹介する場として活用する。
>>続きはこちら

↓↓
地球47周分とはすごいですね。それと引き取り先もあったようで、何よりでした。鹿児島の路面電車には残念ながら乗ったことがありません。長崎の路面電車も古いものが走っていますが、やはり新しい車両へと更新されています。各地で活躍した古い車両が長崎へやってきて見るのも乗るのも楽しいのですが、今後もぜひ運行を続けてもらいたいです。
ラベル:路面電車

2008年03月31日

島鉄南線きょう最後の運行 「ありがとう」看板も

島鉄南線きょう最後の運行 「ありがとう」看板も2008年3月31日長崎新聞HP

 島原鉄道(本社島原市)の南線(島原外港−加津佐間、三五・三キロ)はきょう三十一日で運行を終える。同日はほぼ全便を昭和三十年代に製造された“国鉄色”車両で運行。加津佐駅と島原駅では最終列車(加津佐午後七時四十八分発、島原同八時十分発)の出発前にセレモニーを実施。全通以来八十年にわたり地域の足として親しまれてきた歴史を閉じる。
>>続きはこちら

↓↓
島原鉄道南線がいよいよ廃止となってしまいますね。代替バスが運行されるようですが、バスの経営状況も思わしくない模様なので、最初はバスの本数もあるかもしれませんが、そのうち本数も減る可能性もあります。とにもかくにも、お疲れ様でした。あとは廃線跡が歩けるような遊歩道が整備されたりしないですかね・・・。
ラベル:島原鉄道

2008年03月17日

なはの思い出、永遠に ヘッドマーク、沖縄へ

なはの思い出、永遠に ヘッドマーク、沖縄へ2008年3月16日asahi.com

 JRのダイヤ改定で廃止された寝台特急なは(京都―熊本)最終便が15日、熊本駅に到着。そこで沖縄県と那覇市の代表に列車のヘッドマークが贈られた。
>>続きはこちら

↓↓
なんで『なは』なんだろうと不思議に思っていましたが、名づけられたのにはそんな理由があったんですね。ことあるごとに言っていますが、期間限定の復活運転しないですかね・・・。イベント列車として乗車率はすごいと思うんですがね。

2008年03月16日

【動画】寝台特急「あかつき」ラストラン 長崎線からブルトレ消える

【動画】寝台特急「あかつき」ラストラン 長崎線からブルトレ消える2008年3月15日長崎新聞HP

 ダイヤ改正で廃止される京都−長崎間(八三六・九キロ)の寝台特急「あかつき」の上り最終列車が十四日、約千人の市民に見送られながら長崎市尾上町のJR長崎駅を出発した。二〇〇五年三月に廃止された「さくら」(東京−長崎)とともに親しまれたブルートレインは長崎線から消えた。
>>続きはこちら

↓↓
『あかつき』とうとう最後になってしまいました。さびしい限りです。動画が見れますので、最後の雄姿を見てあげてください。

2008年03月14日

きょう寝台特急「あかつき」が最終運行 長崎駅で出発式

きょう寝台特急「あかつき」が最終運行 長崎駅で出発式2008年3月14日長崎新聞HP

 四十二年間にわたり、関西と長崎間を走り続けた寝台特急「あかつき」が、十四日の運行を最後に廃止される。JR九州長崎支社総務企画課の濱口秀一さん(33)は、長崎線唯一のブルートレインの最後を盛り上げる一連のイベント運営の統括リーダー。「多くの人にあかつきの雄姿を刻んでもらいたい」との思いで、同日夕の出発式に臨む。
>>続きはこちら

↓↓
私の一番の思い出の『あかつき』が今日の発車(明日到着)でその役目を終えます。実家から離れるときの寂しさ、実家に帰省する時の嬉しさ・・・、長旅で疲れたはずなのに今では良い思い出だけが思い浮かびます。海外に渡って第2の人生を歩む客車もいますので、『あかつき』にも今後また活躍の場が与えられるといいなぁ。最後の走りを無事終えてくれることを祈っています。

島原鉄道がダイヤ改正へ 増便で利便性向上図る

島原鉄道がダイヤ改正へ 増便で利便性向上図る2008年3月14日長崎新聞HP

 島原鉄道(本社島原市)は十三日、四月一日からのダイヤ改正を発表した。南線(島原外港−加津佐間)の廃止に伴い、諫早−島原外港間の列車を増便、急行列車も増やし、乗客の利便性向上を図る。
>>続きはこちら

↓↓
島原鉄道の南線廃止まで秒読みとなりました。寂しいですが赤字を吸収できる策もないので仕方ないですね・・・。寂しい限りです。南線廃止前の特別イベントもありますので、いける方ぜひ予約してあげてください。
『三月末で廃止される南線の「さよならイベント」として、二十九、三十の両日、島原−加津佐間で観光トロッコ列車を運行する。両日とも午前九時四十四分島原駅発。料金は弁当込みで大人三千円、小学生以下二千円。十八日午前十時から予約を受け付ける。島原駅トロッコ予約センター(電0957・62・4705)。』
ラベル:島原鉄道

特急「はやとの風」、大隅横川駅に最大5分停車へ

特急「はやとの風」、大隅横川駅に最大5分停車へ2008年3月14日asahi.com

 JR各社の15日のダイヤ改定に伴い、鹿児島県霧島市横川町のJR肥薩線大隅横川駅に特急「はやとの風」が停車する時間は、これまでの30秒から最高5分間に延長されることになった。駅では当日午前10時から「歓迎セレモニー」が開かれ、名誉駅長の任命式や地元の小学生によるコンサート、特産物の販売で祝う。
>>続きはこちら

↓↓
木造のきれいな駅舎ですね。近代的な駅ビルも機能的でいいですが、やっぱこちらのほうが”駅”って感じがして、とてもいいです。私の実家の方の駅も木造で、私がもの心ついた頃以前からありましたからもう30年以上。有人から無人へそして、一部改修されてヤマトの集配所になっていますが、メインの建物は変わりません。古い駅舎は可能な限り残して欲しいですね。
ラベル:木造駅舎

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。